読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みおりんのパワプロ攻略

みおりんがパワプロ攻略します!

P.B.館:カフェ・ソサエティ (☆☆☆)

シャネルなどの美しく華麗なドレスを着こなした

ヴォニー役のクリスティン・スチュワート、凄味みのある美しさ

ヴェロニカ役のブレイク・ライブラリー、上品なおっとりした優しい美しさ

二人に目が釘付けで、揺れる男心わかるなぁ〜

贅沢いえば、クリスティン・スチュワートがメインで、

ブレイク・ライブラリーが普通の妻で出演が少なかったのが残念(笑)

ラスト、それぞれ別々の場所で遠くを思う2人、

大人の割り切った恋?お洒落な不倫?いずれにしろ羨ましい男の恋バナでした

※ カフェ・ソサエティ:上流社会の人々が集まる高級ナイトクラブなどの常連.

1930年代ニューヨーク、ユダヤ系家族に生まれた

末っ子ボビーは、華やかなハリウッドに憧れて、

映画業界の大物エージェントの叔父フィルのもとで使い走りをすることになり、

秘書ヴェロニカ愛称ヴォニーを、ハリウッドの案内人として紹介され、

ハリウッド女性と違う思いやりある態度にすっかり惚れ、彼氏がいて振られるも口説き続け、

自宅で彼女に手料理を振る舞ってもらう約束を取り付け、

当日浮かれて準備をしてたが、キャンセルをされて、

ワインを寂しく一人で飲んでいたところに、

25年連れ添った何の落ち度もない妻に離婚を切り出せない叔父フィルに、

つきあい始めて1年記念日に別れを告げられたヴォニーが、

身を引き涙の止まらないまま、ドタキャンしたボビーの部屋に訪れ、

失恋を知ったボビーは、ここぞとばかりに傷ついたヴォニーを優しくなぐさめ、

デートしていくうち、一途な優しさにヴォニーは少しづつ惹かれ、やがて二人は恋人同士になり、

ボビーは、結婚したら二人でニューヨークに住もうとヴォニーに海岸でプロポーズするが、

妻との離婚を決意した叔父フィルもヴォニーにプロポーズし、

三角関係を3人は知るところとなり、

ヴォニーは、悩んだ末に叔父フィルとの結婚を選ぶ

傷心のボビーは、故郷ニューヨークに帰り、

ギャングの兄ベンが経営するナイトクラブ『レ・トロピック』を手伝い、この仕事が向いており、

金を使い込んで兄ベンに殺された前店長に代わって店長となると

政治家からマフィアにまで知れ渡る一流高級クラブへと成長させ、

クラブにやってきたバツイチの優雅な金髪美女ヴェロニカに心を奪われ、

彼女と結婚し子供も生まれ順風満帆な毎日を送っていたが、

ある日、叔父フィルが、ヴォニーを連れてナイトクラブに訪れ、

芸能人の自慢するハリウッド社交界に染まった彼女に少しがっかりするボビーに、

あなただって昔とは違うでしょと言うヴォニーに何も言い返せず、叔父フィルの留守に、

ボビーはヴォニーとニューヨークのボビーの好きな場所をめぐり一晩を過ごし、

明け方キスのみをして帰る

姉イブリンにうるさい隣人と話をしてほしいと依頼され、

隣人を殺し死刑になった兄ベンの代わって、経営者になった

ボビーは、ロサンゼルスに向かいハリウッド店を検討するも中止したが、

去る前にヴォニーとランチし、ニューヨークに短期滞在することを知るが、

お互い会わないことに…

一か月後の大晦日、

ヴォニーは、ハリウッドでのニューイヤーパーティーで、

ボビーも、二人目を妊娠した妻ヴェロニカを連れたニューイヤーパーティーで

どこか遠くを想ってるような風情をみせるお話